普明庵
〒855-0034 長崎県島原市田町691-9 
TEL.0957-64-8080(代) FAX.0957-73-9777

会館外観
左広報の眉山、右後方の普賢岳と、大らかな自然に囲まれた普明庵。
世界ジオパークをイメージした壁紙や、有明海の雄大さを表現した表玄関、命の営みのごとく石盤から滔々と流れる水など、随所に深い思いをこめ、世間の喧噪から離れた空間へお迎えします。
萩の殿様のところにあった石盤を復元。滔々と流れる水は、次世代への命のつながりを思わせます。石盤から絶え間なく流れる水はまさに命の営みです。 島原半島は世界ジオパークに認定されています。ジオ=地形・地質のイメージを、小さな空間に表現しています。

有明海の雄大さを表現しました。ゆったりとお客様をお迎えいたします。

喧噪からはなれ、しばしゆるりとした時間へ。

いかなる時も、親子の縁、人との縁をたいせつにしていただきたい。たとえ命は尽きたとしても、それが縁の切れ目ではないことを円相で表現しています。観音経の普明照世間よりいただいた「普明庵」は、普賢岳の普、有明海の明をも表現したもので、人と絆と島原への思いがつまっています。
 


敷地のいたるところに、日本庭園の粋を集約しました。春には春の、秋には秋の美しさを愉しんでいただけます。移ろいゆく四季が、心をあたたかく満たしてくれます。
「円相とは、己の心を映す鏡かな」
庭には老松と山紅葉。円窓ごしの庭は、その日の気の持ちようで、いかようにも違って見えるもの。
静かな空間で、故人への思いとともに、己の心を見つめてみるのもいいものです。
普賢岳のゆるやかな稜線をモチーフにしたおこり屋根。
武家屋敷の屋根をイメージしたもので、古き良き時代の日本を思わせます。

松平藩の下級武士の馬小屋の鬼瓦。

 
玄関先はもちろん、バリアフリーです。
どなたにでも安心してご利用いただくため、
細心の心配りをいたしております。
 


 
香袋を象った香炉は、小さいながらも、日本の美意識を象徴するような存在感です。
萩焼をはじめ、本格的な茶碗を用意しております。季節にあわせて、ご利用もいただけます。
   
一枚板をはった広縁風の待合室からは、季節ごとに表情をかえる坪庭をお楽しみください。
前庭には、一枚板の腰掛をしつらえました。木の優しさがなんとも心地よく、時間を忘れてしまいそうです。毛氈をしけば、野点も楽しめるようにしております。
いつもと少しだけ異なった時間を過ごしていただけるよう、茶室を設けております。
ざわついた心、かなしむ心、傷ついた心を落ち着かせ、自分自身の気持ちと向き合う時間になれば幸いです。
どなたにもご利用いただけるように、本格的な茶道具を用いながらも現代的なしつらいにしております。
格式や形式にとらわれず、ただただ心を落ち着かせる空間としてご利用ください。
また、法要時に関わらず、花見や観月など、四季折々の茶会にも対応しております。
日々の暮らしの中でさまざまな思いを一旦はここに置き、穏やかな気持ちになれますように。 大根と雀。煮ても生でもまるごと食べられる大根と、害虫を食べてくれる雀。そんな人間意なりたいとの思いをこめた一幅です。