●法要の準備(初七日、四十九日など)
僧侶への連絡   段取りを確認する
招待客への通 知   あいさつ原稿を作成する
式場を決める      




遺族が故人の安らかな成仏を願い、一日も早く極楽へいけるようにする供養が、追善供養です。

亡くなられた日から数え、七日目の初七日に始まり、七日ごと七回行いますが、これは仏教において死者が冥土へ行くと、七日ごとに七回の審判を受けると考えられているためです。

審判での裁判官が、閻魔大王ら十王審判官。この審判が開かれる日に法要を行い、少しでも早く魂が極楽へ導かれるように祈ります。



年忌法要は原則として命日に行うものですが、お寺や列席者の都合が悪い場合には、命日近くのほかの日にしてもかまわないでしょう。ただし、その場合は、必ず命日より前にするのがならわしです。

一般的には寺院や自宅、墓前で行います。寺院や墓地が遠い場合には、遺族やごく近い親戚 だけで現地に出向いて法要を行い、後日改めて知人、友人、近親者を招いて供養の会食がよいでしょう。このときは、会場に簡単な祭壇を設け、遺影を飾るなどの配慮を。

法要の日程・場所が決まったら、お招きする方の範囲と人数を決め、三週間位 前までに案内状をお送りします。一周忌までは比較的多くの方を招き、三回忌からはごく親しい方々に絞るのが一般 的です。



亡くなられた当日から数え、七日目が初七日です。

人は死んで来世までの間に、三途の川という川を渡りますが、その日が死後七日目にあたります。

この三途の川には、流れのとても強いところ、少し強いところ、ゆるいところの三つの瀬があり、このうちどれを渡るのかは、生前の善悪の行いで決まるといわれています。

初七日の法要は、故人の霊が、ゆるやかな流れを渡ることができるようにと、遺族が行う供養です。祭壇には遺骨と遺影を飾り、遺族、近親者、友人、知人が参列して僧侶にお経を上げてもらいます。そのあと、茶菓や精進料理などで接待をいたします。



初七日から四十九日(七七日)までの七日ごとの供養は、内輪だけで済ますことが多いようです。

十四日目は二七日(ふたなのか)、二十一日目は三七日(みなのか)といいます。三十五日は四十九日に次ぐ重要な忌日ですが、四十九日と日が近いため簡略化する家庭がふえています。三十五日に忌明け法要と納骨をする地方もあるようです。

一般的には四十九日に忌明け法要を行います。このときに納骨を行うこともあります。納骨に際しては、埋葬許可証、認印、霊園使用許可証が必要ですので用意をしておきましょう。埋葬許可証は霊園や寺院の管理事務局が預かることが多いようです。また、僧侶へのお礼や墓地の管理人、茶屋の接待係への心づけの用意も忘れずに。

寺院には早めの連絡を。参列者は近親者とごく親しい友人、知人がよいでしょう。

僧侶にお経をあげていただき、式が終了したら茶菓や精進料理でおもてなしをします。納骨式がある場合は、遺骨を墓の中に安置し、遺族、近親者が土をかけ、その上に墓石を建てます。お墓が新しく、まだどなたもはいってない場合は、開眼法要も同時に行ってよいでしょう。

その後、忌明けのあいさつ状を出し、必要に応じて香典返しを送ります。

またこの日までに、本位牌とそれをお納めするお仏壇を準備しましょう。新しく購入する場合はご本尊も同時に準備するのが一般 的です。




百か日の法要は、これまでは死後最大の供養といわれていましたが、最近ではごく内輪に遺族だけで済ませ、友人などを招かないことも多いようです。

百か日は、出苦忌ともいい、娑婆(現世)のあらゆることから逃げ出して、無垢の世界に入ることを示します。  一方、遺族にとっては、お礼のあいさつ回りや遺品の整理、形見分け、遺産の分配、納骨などをひととおりすませ、くぎりがつくころですので、故人に安心してもらうための供養という意味あいがもたれてます。




死亡した翌年の同月、同日を一周忌、一回忌といい、法要を営みます。

一周忌の法要のあとは、満二年の三回忌(一回忌以降は、死亡した年も入れて数える)、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌(あとは五十年目ごと)に法要を営みます。一般 には、故人をしのんでの法要は、三十三回忌ぐらいまでで終わりにするようです。

一周忌は、遺族が故人の亡きあと、故人の徳を引き継いで生活している様子を、故人をはじめ、近親者、知人に知っていただく意味もあります。

法要はふつう、仏壇の前で僧侶に読経してもらい参列者一同が焼香します。その後、墓参り。仏壇や墓前には、生花や故人の好物、菓子、果 物などを供えます。