●近親者はただちに弔問を
訃報を受けたときは、近親者や親しくしていた友人、近所の人などはとりあえず喪家に駆けつけましょう。

弔問のとき着ていくものは、特に派手なものや奇抜なものでなければ平服のままで大丈夫です。むしろその方が、すぐに駆けつけてくれたという印象を与えるでしょうし、喪服を着ていくと用意していたかのようでかえって不自然です。

香典や供物も通夜や葬儀に参列できるのであれば、このときすぐ持っていく必要はありません。遺族に会ったらまずはお悔やみを言いますが、喪家は人の出入りが多く取り込んでいるのでなるべく短く簡潔に気持ちを伝えてください。「この度はご愁傷さまでございます」「ご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます」等のような常套句でも、心を込めて言えば十分気持ちは伝わります。

●故人とあまり親しくなかったら
友人や職場の同僚でも故人とそれほど親しくなかったら、告別式に参列するだけでいいでしょう。

故人と大変親しくしていても遺族との面識がない人は、やはり告別式に参列するだけでもかまいません。弔問する場合はやや時間をおき、通 夜の用意が整って遺族が少し落ち着いた頃に出掛けるようにしましょう。すぐに駆けつける場合は玄関先でお悔やみを言う程度にしておきます。

●慶事を控えているときは

友人や職場の同僚でも故人とそれほど親しくなかったら、告別式に参列するだけでいいでしょう。

故人と大変親しくしていても遺族との面識がない人は、やはり告別式に参列するだけでもかまいません。弔問する場合はやや時間をおき、通 夜の用意が整って遺族が少し落ち着いた頃に出掛けるようにしましょう。すぐに駆けつける場合は玄関先でお悔やみを言う程度にしておきます。



●対面するときのマナー
弔問のとき遺族から故人との対面を請われたら、枕元に座って、

1. 両手をついて故人に一礼する
2. 遺族が顔の白布をとったら死に顔を少しの間見つめる
3. 故人に一礼して合掌する
4. 少し退いて遺族に一礼する。

病院ではこれを立ったまま行います。両手を床につくことは出来ませんから、最初は丁重な立礼でこれに変えます。

自分から対面を求めるのは、原則として遠慮すべきですが、別れを告げる最後の機会ですから、どうしてもというときは心をこめ、礼を尽くして遺族にお願いしてみましょう。

●対面したくないときはどうするか

「ぜひ故人とお別れをしてやってください」と遺族から対面を請われても、取り乱してしまいそうな場合、あるいは生前の元気な姿を思い出として大切としたいなどの理由から対面 したくないときは、そのことをきちんと伝え、遺族の気持ちを傷つけないように辞退します。



●弔電・悔やみ状・代理人を
何らかの事情で通夜にも葬儀・告別式にも参列できないときは、
@弔電を打って香典を郵送する。
Aお悔やみの手紙を書く。
B弔電を打ち、弔問の代理人をたてる。
といった対応が考えられます。故人や遺族との付き合いの深さによって判断してください。場合によっては弔電だけ打つということもあります。

●香典の郵送方法
香典を郵送するときは現金書留にしますが、お金はまず香典袋に入れてから書き留め用封筒に入れ、喪主宛に速達で出します。忘れずにお悔やみの手紙も添えましょう。

香典が高額な場合や故人と親しい人だったら、電報為替を利用することもあります。




●持参する時期
始めての弔問のときに持参するのが普通ですが、とりあえず駆けつけたという場合、喪家の方でまだ受け付け入れる準備ができていないこともあり、あわただしさに拍車をかける結果 になりかねないので、通夜か葬儀に持参するのが無難でしょう。葬儀に参列できない場合は通 夜に持参します。

●包み方

半紙や奉書紙などで中包みと上包みをして、白一色の水引を結び切りに掛けるのが正式なやり方とされていますが、今では市販の香典袋を利用することが多いようです。水引も白と黒、黒と銀、白と黄、銀一色など色々あり、印刷されたものもあります。香典袋の大きさも様々で、中に入れる金額や故人との関係などを考えて、ふさわしいものを選びます。

金額と住所、氏名は必ず記入しましょう。記入欄が印刷されていないものは、中袋の中央か外袋の折り返しの部分の内側などの目立たないところに記入します。住所を表書きする場合、氏名の右側にやや小さく書いておきます。

●表書き

仏式では「御香典」「御香料」とします。市販の香典袋で蓮の絵が描いてあるものは仏式以外には使えないので注意してください。

名前は必ずフルネームで、肩書きは右肩に小さめに書き、名刺で代用するときは左下に貼ります。

連名の場合は三名が限度でしょう。それ以上のときは代表者を中央、その左側にやや小さく「外一同」と書き、必要であれば全員の氏名を列記した別 紙を同封します。「○○課一同」「○○の会一同」などのときも同様にします。  合同葬などの場合で故人の氏名も入れておきたいときは左上に書き、その際に差出人が連名なら、左から順に目上の人の名前を記入します。

●差し出し方
香典袋をむき出しのままではなく袱紗か小風呂敷、無ければハンカチでも結構ですから必ず包んで持参するようにしましょう。

受付がない場合は、遺族か世話役にお悔やみの言葉とともに手渡すか祭壇に供えますが、受付があれば必ずそこへ出しましょう。その方が現金の管理や香典返しのための住所・氏名のチェックがスムーズにいくからです。

受付で香典袋を袱紗から取り出し、名前を相手の方に向け、両手で差し出します。その際、「ご苦労様です」「この度はご愁傷様です」「御霊前にお供え下さい」などの言葉を添えましょう。遺族に差し出すときも名前を相手の方に向けますが、祭壇に供えるときは自分の方に向けます。

●金額はどのくらい
故人との関係によって、また地域によっても異なります。近親者や職場関係なら過去の記録を元におおよその見当は付けられるでしょうし、兄弟やサークル仲間なら相談して決めましょう。友人・知人というのは少々迷いそうですが、だいたい5000円から1万円が一般 的なところです。香典の目安



●遺族の意向を確かめる
供花は場所をとるので、会場や周辺スペースに余裕がない場合、かえって迷惑を掛けてしまいます。また、供物も、同じようなものがたくさん重なると、あとで遺族が困ることになります。贈るときは、あらかじめ喪家側の意向を尋ねた方が無難ですし、それがマナーにもなります。

●供花の手配は早めに

供花の場合は、会場の内外に飾り付ける都合があるので、できるだけ早めに手配しましょう。生花店や葬儀社に予算を言えば、しかるべきものを取り揃え、名札も付けて届けてくれます。

供物や供花を持参した場合は、受付か世話役の人に渡します。




●通夜とは
通夜とは故人の霊を慰め最後の一夜をともに過ごすためのもので、参列するのは遺族、親族、親しい友人、近隣の人たちというのが本来の姿です。とはいえ現在はこのほかの人たちにも参列の機会を設けるのが当たり前となっています。故人の縁が薄い人は遺族を配慮する意味で、読経が終わったら早めに辞去するよう心がけましょう。

●通夜の服装

基本的には派手なものでなければ平服でかまいません。どうしても喪服をと言う場合は大げさにならぬ よう略装にしておきます。

●通夜見舞い
弔問客の対応や葬儀の準備などであわただしい遺族が、手間をかけずに食べることができるよう、親族や親しい友人などが持参する軽食のことです。通 夜見舞いには、おにぎり・サンドイッチ・のり巻き・お菓子・果物・ジュース・お酒などが適当です。

●拝礼のしかた
通夜は人の出入りが多く混乱しがちなので、ほかの参列者に失礼のないよう十分に注意します。和室では膝行膝退を心がけ、人の前を通 るときには「失礼します」と一言挨拶するか軽く会釈して中腰で進みます。

【線香での焼香】
1. 遺族に一礼して祭壇の前に進む A祭壇に向かって一礼し、焼香台の前に進んで合掌する
2.線香を取ってろうそくの火を移し、香炉に立てて合掌する。炎が出たら吹き消さず、手であおぐように消す
3.少し後ろへ下がって遺族に一礼し、向きを変えて席へ戻る 【抹香での焼香】  線香の場合とほぼ同じですが、
4.の部分は、右手の親指と人差し指、中指で少量の抹香をつまみ上げるようにしながら軽く頭を下げ、香を静かに香炉に落として合掌します。
※回数は宗派によって決めていますが、一回から三回くらいをめどにします。

【回し焼香】
会場が手狭なとき、あるいは祭壇まで順次異動する混雑や時間を省きたいときなどに、香炉と香が参列者の間に回されることがあります。席に着いたまま順番をまち、隣の人から香炉を受け取ったら、祭壇の前と同じ要領で焼香して次の人に回します。葬儀・告別 式の拝礼も基本的に同じです。立礼も座例もほぼ同じ要領です。


●通夜ぶるまい

故人とともにする最後の食事で、供養、お清め、弔問のお礼など様々な意味が込められているようです。席に着くのは故人と特に親しい関係にあった人だけですが、そうでない人も遺族に勧められたら一口だけでも箸を付けます。

遺族は心身ともに疲れている上に翌日に葬儀を控えているので、出席者はあまり遅くならないようにしたほうがよいと思われます。ただ、一度に帰ってしまうと、遺族に寂しさを感じさせるかもしれません。頃合いを見計らい、席を立ちましょう。

通夜のとき、遺族は弔問客の出迎えや見送りをしないのが習慣となっています。そばに行って一言挨拶するか、それが無理なら目礼だけで辞去しても失礼にはあたりません。




●服装はどうするか
通常は遺族、近親者、世話役代表が正装し、その他の人は略装で参列することが多いようです。 男性の正装はモーニング、略装はブラックスーツもしくはダークスーツ。いずれもワイシャツは白で、ネクタイ、靴下、靴は黒を付けます。 女性の正装はワンピース、スーツアンサンブル。正装は黒字のシルク、カシミア、クレープなど。略装は黒、紺、グレーなどで光沢のない無地。化粧は薄目にします。アクセサリーはパールに限られていますが、結婚指輪、婚約指輪はしてもよいとされています。


●会場では
受付で香典や供物などを差し出して記帳します。帽子やコート、手荷物があれば所定の場所に預けてから会場に入ります。遺族を見かけても目礼程度にしておきます。

告別式だけに参列する場合は、決められた時間内に焼香すればよいのですが、参列者が少なかったら予定よりも早く終了することもあるので、余裕を持って着くようにします。また、焼香が終わったらそのまま帰ってもかまわないのですが、できれば最後まで参列して下さい。